当サイトは各FX会社を6つの項目から比較したサイトになります。
これらの基準を目安に、自分の取引スタイルに合ったFX会社を選んでみてくださいね!

 

 

GMOクリック証券FX

 

 

GMOクリック証券FX

FX取引高世界第一位※のGMOクリック証券です。確かな信頼性から、FX初心者の方でも安心して利用することができます。iOS対応の「iClickFX」やAndroidアプリ「FXroid」など、急な外出先でも分析や取引が可能です。チャートを見ながら好きなタイミング、かつ1タップで注文が出来たりと、迅速かつ正確な取引が行えることから、上級者にも喜ばれるツールが多く備わっています。
※ ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月〜2015年12月)

 

 

詳細はコチラ

 

通貨ペア数

19通貨ペア

取引手数料

無料

キャッシュバック

最大30,000円

スプレッド

米ドル/円 0.3銭原則固定

Win/Mac対応

どちらも対応

スマホ/タブレット対応

どちらも対応

 

 

 

SBI FXトレード

 

 

SBI FXトレード

SBIFXトレードでは、FXでは珍しいと言われている1通貨単位からの取引が可能となっています。もちろん、1,000通貨や10,000通貨の取引も可能で最大では1,000万通貨までの取引が可能になっています。取引ツールが便利なだけではなく、さらにそれをサポートしてくれる便利ツールも提供していますし、マーケット情報もこまめに更新しています。キャラクターなどを使いながら、初心者の方でも楽しめるようにさまざまな工夫がなされているのです。

 

詳細はコチラ

 

通貨ペア数

12通貨ペア

取引手数料

無料

キャッシュバック

500円

スプレッド

米ドル/円 0.27銭

Win/Mac対応

Macは推奨外

スマホ/タブレット対応

タブレットは推奨外

 

 

 

みんなのFX

 

 

みんなのFX

みんなのFXは、各種手数料が無料な上に最小1,000通貨取引という初心者にも安心のシステムとなっています。スタイルにあわせて選ぶことのできる取引システムは、初心者の方だけではなく、ベテランの方も満足いただけることでしょう。人気トレーダーやアナリスト講師により無料のオンラインセミナーも毎月開催されています。ここでしか聞くことのできない貴重な話を自分のものにしていくことができます。初心者からベテランまで広くカバーしてくれます。

 

詳細はコチラ

 

通貨ペア数

16通貨ペア

取引手数料

無料

キャッシュバック

20,000円

スプレッド

米ドル/円 0.3銭

Win/Mac対応

どちらも対応

スマホ/タブレット対応

どちらも対応

 

 

 

■通貨ペア数について■

通貨ペア数とは取引する2国間の通貨の組み合わせのことを表します。なぜ通貨ペア数が重要かといいますと市場のお取引が広がり、為替市場に対応しやすくなるからです。また、自分のトレンドスタイルに合った通貨ペアで選ぶのも一つの基準です。なのでFX会社で比較する際には、通貨ペアの量とともに、通貨ペアの中身も見て比較をしてみましょう。

 

 

 

■取引手数料について■

取引手数料とはお取引の時に発生する手数料のことを言います。現状はほとんどのFX会社はお取引の際に手数料という形で費用が発生するケースはありません。しかし、条件によっては通貨単位で取引手数料が有料になる場合など、条件によって無料ではない口座もあります。原則として取引手数料の現在の主流は無料になりますが、特定地域でのお取引や通貨単位でのお取引について、しっかりと比較をして確認することは大事になりますので、お取引のFX会社を考える際には、比較してみましょう。

 

 

 

■キャッシュバックについて■

FXの取り組みをする際にまず注目していただきたいのがキャッシュバックの価格です。キャッシュバックとは新規でFXの取引口座を開設した際、一定のお取引でお金が付与されることです。金額についてはFX会社で異なりますが、お取引を進めていく上で、良い目標設定にもなりますので、自分のお取引できそうな価格の条件を各FX会社で比較していきましょう。

 

 

 

■スプレッドについて■

FX会社を選ぶ指標の代表的なものがスプレッドです。スプレッドとはFX会社の手数料と考えるとわかりやすいです。1通貨ペア数に対して、買値と売値の価格の幅をスプレッドと言います。手数料に例えて言うと、スプレッド幅が狭い=手数料が安いスプレッド幅が広い=手数料が高いと置き換えられます。そしてそのスプレッド幅はFX会社により異なります。そのためスプレッドでFX会社を比較することは、損益以外の運用コストに関わりとても重要な基準になります。

 

 

 

■Windows/Mac対応について■

FXをPCで始める際、気になるのはPCの対応についてです。昔はほとんどWindows対応しかないケースもありましたが、現在はほとんどのFX会社がMAC対応しています。しかし、この中にはブラウザ版には対応しているが、ダウンロード版で対応していないFX会社もあります。そういった中でわざわざMac対応ツールを提供しているFX会社もあります。もしも、より快適なお取引を求めていくのであれば、各FX会社のWindows/Mac対応状況を細かく確認をしておくようにしましょう。

 

 

 

■スマホ/タブレット対応について■

インターネットでのFXをお取組みする際に、まず気になる点としてスマホやタブレット端末の対応ができているのが気になることでしょう。実際のところ、スマートフォンはツールとしてweb版やスマートフォンアプリが取引を進められるFX会社がほとんどです。そのため原則として各FX会社でスマートフォン対応しています。しかしながらタブレットに関してはipadやAndroidのタブレット端末の推奨対象外と表記頂いているFX会社もあります。実際にタブレットでのみFXのお取引をご検討の方がいましたら、タブレット端末の最適化ができているかどうかしっかりとご確認の上FX会社を比較していきましょう。

 

 

 

おすすめのFX会社はこちら

 

GMOクリック証券FX

 

 

GMOクリック証券FX

FX取引高世界第一位※のGMOクリック証券です。確かな信頼性から、FX初心者の方でも安心して利用することができます。iOS対応の「iClickFX」やAndroidアプリ「FXroid」など、急な外出先でも分析や取引が可能です。チャートを見ながら好きなタイミング、かつ1タップで注文が出来たりと、迅速かつ正確な取引が行えることから、上級者にも喜ばれるツールが多く備わっています。
※ ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月〜2015年12月)

 

 

詳細はコチラ

 

通貨ペア数

19通貨ペア

取引手数料

無料

キャッシュバック

最大30,000円

スプレッド

米ドル/円 0.3銭原則固定

Win/Mac対応

どちらも対応

スマホ/タブレット対応

どちらも対応